年中 ピアノ  楽譜の仕組み

リトミック・導入期指導

年中さんのレッスンより

 

 

①音列練習

 

 

 

 

②拍子にリズムをあてはめる練習

 

 

 


③楽譜と鍵盤の位置を一致させる練習

 

 

 


④指先をしっかりさせる練習

 

 

 


⑤音階

 

 

 

「楽譜が読める」とは、単に音が読めるというものではなくて、楽譜の仕組みを理解する事です。

 

まずは楽譜にかいている全ての項目を取り出して、それをすべて理解した上で総括した事が、ピアノを弾くという事につながります。

 

 

なので、ここをわけがわからないまますっ飛ばすと、待っているのはあのただただ苦痛な練習なのです~( ・᷄ὢ・᷅ )

 

 

なので、この時期のピアノ演奏は、おまけ程度に思っていて( ・∀・)OK!!

 

 

わけがわかってくるとピアノは楽しくなっていきますが、わかっていないといずれ嫌がります(´・д・`)イヤヤワー

 

 

根気がいるざます💃

コメント

タイトルとURLをコピーしました